守矢神長官のみさく神境内の御柱

今日は一部のファンが喜びそうな神社の御柱を紹介します。

神社の詳しい紹介については後日、メインブログの方でやる予定です。

紹介するのはここ。

f:id:hesocha:20161209160236j:plain

茅野市にある神長官守矢資料館の奥にあるミシャグジ神社の御柱です。

同人ゲームの東方シリーズで聖地化されており、ファンの間で絶大な人気のあるスポットです。

ファン的には、上の写真も石碑よりも左上の表札が気になったのではないでしょうか。

f:id:hesocha:20161209160624j:plain

そうです。早苗さんの実家です。

先に進むと守矢資料館があります。

f:id:hesocha:20161209160730j:plain

正面に4本立っている木は御柱をイメージしたものだそうです。もう、今日はこれで御柱の紹介終わりにしちゃおうかな…

さらに先に進むとミシャグジ神社があります。

f:id:hesocha:20161209160858j:plain

ミシャグジという聞き慣れない神様ですが、漢字をあてると「御石神」とか「御社宮司」とか「御左口神」などと書かれていることが多いです。現地の案内にはみさく神とありました。

f:id:hesocha:20161209161422j:plain

諏訪地方のみの土着の神様と思われがちですが、関東地方など東日本の広域で信仰されていたそうです。

いわいる諏訪信仰はこのミシャグジ信仰がベースとなっているので、もしかすると御柱の源流はここにあるかもしれません。

というわけで、ミシャグジの御柱を見ていきましょう。

まずは一之柱。

f:id:hesocha:20161209161622j:plain

割と大きな柱です。3mまではなさそうですが、2mは間違いなくあります。

f:id:hesocha:20161209161742j:plain

二之柱も立派です。

f:id:hesocha:20161209161853j:plain

周りが広々としているせいもあり、少し寂しい感じがしますが、それでもやはり大きな柱です。背景に移り込んでいる黄色っぽい建物は高過庵(たかすぎあん)というツリーハウスです。

f:id:hesocha:20161209162020j:plain

やはり他の柱に比べて細く短いです。しかし、木肌がピカピカでとてもきれいな柱でした。